横浜市南区 内科 外科 消化器内科 肛門外科
医療法人社団 慶博会 村山クリニック

村山クリニック

〒232-0021
神奈川県横浜市南区真金町1-7 サンハイツ村山1階

045-251-2500

メインメニューを開く
  • HOME
  • ハンドベイン
ハンドベイン

ハンドベインとは、加齢とともに手や腕の血管が膨らんだ状態のことをいいます。原因として、加齢による血管の拡張や弾力性の低下、皮下脂肪の減少、遺伝的要因があります。
痛みや機能に支障をきたすものではないため治療が必要なものではありませんが、美容的に気になるものでもあります。手や腕は年齢を感じさせる部分でもあり、気になる場合は治療が可能です(自費治療)。 治療は日帰りで行えます。お気軽にご相談ください。

※予約が必要になります。まずはお電話にてお問合せください。

【治療】

・血管内レーザー治療(片腕\80,000)
気になる血管のなかにレーザーカテーテルを挿入し、焼灼する方法です。
血管に針を刺し、そこからレーザーカテーテルを挿入します。
焼灼した血管は硬くなったのち、徐々に収縮していき目立たなくなっていきます。
下肢静脈瘤で行われている治療法でもあります。

・硬化療法(片腕\20,000)
ポリドカスクレロールという血管専用の硬化剤を注入する方法です。血管が細かったり蛇行が強い場合などに適応です。
硬化剤を入れた血管は内部で炎症反応を起こしたのちに、徐々に閉塞して縮小していきます。
こちらも下肢静脈瘤で行われている治療法です。

【治療後】

一時的に腫れたり、内出血を生じたりします。これらは麻酔やレーザーによる血管周囲の組織が傷つくことなどで起こります。腫れや内出血予防のために1週間ほど包帯や圧着着衣で圧迫を行います。
また、合併症には血管に沿って茶色く色づく色素沈着、しこりが触れたり痛みが生じたりする血栓性静脈炎があります。これらは、ほとんどの場合は自然軽快します。ごく稀に神経損傷が起こることもありますが、ほとんどの場合はしびれ感であり自覚症状も徐々に軽快していきます。
なお、治療後に他の血管が目立つようになることもありますが、これは治療した血管を流れていた血液が、他の血管を流れるようになるためです。
血管は個人差があるため他の血管が目立つようになる場合と、特に気にならない場合があります。ご希望で治療が可能です。再発する可能性もあり、こちらも再治療が可能です。